キノット除菌・ウイルス対策の口コミや評判|次亜塩素酸水の安全性や効果について

除菌・ウイルス対策の次亜塩素酸水「キノット」について、口コミや評判、安全性、効果について確認していきます。

キノットの良い口コミや評判

まずは、キノットの良い口コミや評判について確認していきましょう。

安全に使用できる

キノットの大きな特徴はその安全性に関してです。

キノットの成分である次亜塩素酸水は安全性が高いことが知られています。

次亜塩素酸水は、有機物に触れると除菌効果もあると同時に触れた瞬間にほぼ水になるという特徴があります。

キノットの場合は、原料が水と塩だけから作られており、その点からも安全面は安心と理解出ると思います。

いろいろな目的で使える

キノットは色々な目的で使えるという点に関しても高評価のポイントです。

公式サイトで挙げられている使用例として、手洗いの時の除菌、マスク、キッチン用品臭、浴室やトイレ、靴や服、ペット、タオルやバスマット、車内の除菌消臭、エアコンフィルターのカビ対策、生ゴミのにおい対策、歯ブラシ、タバコの消臭、ドアノブなど、数多くの場面で活躍できます。

このように多目的に使えるのもキノットの良い点です。

花粉症にも使える

キノットの目的は、除菌・抗ウイルス、消臭だけでなく、花粉に対しても使用できます。

花粉の時期につらい、きついと感じることが減ったというような口コミもあり、花粉症の人にとっても非常にありがたい製品と言えます。

キノットの悪い口コミはデメリット・欠点などは?

キノットの悪い口コミやデメリット、欠点などはあまり多くありません。

しかし、以下のようなことは疑問に思ったり、気をつける必要があります。

どのウイルスに効果があるのか不安

このような口コミや不安は、キノットに限らずいろいろな除菌剤・消毒液で見られます。

これに関して、キノットの成分である次亜塩素酸水は、除菌・ウイルス不活化作用があることが確認されています(厚生労働省 次亜塩素酸水)。

エンベロープをもつウイルスに対してはエンベロープを破壊してウイルスを死滅させ、さらにアルコール系消毒液では効きにくいとされるノンエンベロープウイルスに対しても、次亜塩素酸は効果を発揮するとされています。

また、一般のクリニックの医師なども、その高い効果に注目しており、「新型コロナウイルスにをも不活性化、死滅させる事が予測され」としています(荻原歯科医院 次亜塩素酸水について)。

長期の保存に向かないのが欠点

キノットの欠点を強いて上げるとすると、その保存性があります。

キノットをはじめとする次亜塩素酸水の製品は、分解されやすいという特徴があります。製造後から徐々に水への分解が始まってしまうため、なるべく早く使ったほうが効果が高くなります。

希釈した後は特に保存に注意が必要であり、キノットに関しても希釈後は1ヶ月以内に使用するよう注意喚起されています。

また、次亜塩素酸水の特徴として、紫外線にも弱い点が挙げられるため、直射日光を避けるような注意も必要となります。

キノットは希釈が必要

キノットの使い方は大きく分けて2つありますが、いずれも希釈が必要です。

一つは個別に除菌するために、スプレーボトルに入れて使用するケースです。通常は10倍に希釈、特に菌が発生しやすい場所への使用には5倍希釈で使用します。

空間除菌として使う場合は、キノットを10倍で希釈し、加湿器に給水します。キノット10mlに対して90mlの水を入れると10倍となります。

濃度が濃すぎると多少危険性があるため、使用する場合は注意しましょう。

希釈が手間と感じる場合は

もし、希釈が手間と感じる場合は、同じ次亜塩素酸水を成分とする別の製品で代用するという方法もあります。

キノットと同じく定期購入ができ、現時点でも在庫があるものとしては、「除菌水ジーア」などがあります。除菌水ジーアの口コミや評判は「除菌水ジーア 口コミ」などで検索すると確認できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました